奈良市で出来る限り神経を残し歯を抜かない治療を目指す【まさき歯科医院】

〒630-8133 
奈良県奈良市大安寺3−9−11/駐車場4台完備

診療時間
9:30~12:30 × ×
14:00~19:00 × ×

△:13:30~16:00

 

ご予約・お問合せはこちら

0742-61-1000

3DS(Dental Drug Delivery System)

3DSに使用するマウスピース

3DSとは、マウスピースを作成して、その中にお薬を入れ定期的に一定時間作用させることで、虫歯や歯周病の治療や予防に役立てる方法です。

マウスピースと言っても、用途によって作成方法が変わります。スポーツに使用する使用するものは、歯への衝撃による保護が主な目的ですが、3DSの場合は、歯や歯周組織に薬液を行き届かせるためにわずかに空間を作るのが特徴です。

マウスピースは、まず患者様の歯型の型取りを行いオーダーメイドで作成していきます。

中に入れる薬剤は、色々なものがあり、虫歯用の薬剤、歯周病の薬剤、予防のための薬剤など患者様の症状によって、適切に使い分けていきます。

以前はお薬を飲んでいただくことで歯周病の治療しようという考え方がありましたが、飲み薬の場合には、腸内細菌叢にも悪影響がでやすい、耐性菌の問題等が指摘されています。

お口の中の限局した細菌の問題ならそこだけにお薬を効かせることができる3DSが理にかなっていると考え、当院では3DSによる除菌をお勧めしています。

また、3DSは、最近よく言われている歯原性菌血症の治療や予防にも効果があると言われています。

注意していただきたいことは、昔も今もお口の健康を守るためには、適切な歯磨きが基本となります。適切な歯磨きをしないて3DSでの治療や予防の効果はあまり期待出来ないと考えます。

3DSの効果を最大限に発揮させるためには、基本的な治療である、歯石やプラークを除去すること、適切な歯磨きが欠かせません。

まさき歯科医院では、3DSを、歯周病の治療、虫歯の予防、などに積極的に応用しています。

3DSは、保険適用外の治療方法となります。