奈良市で出来る限り神経を残し歯を抜かない治療を目指す【まさき歯科医院】

〒630-8133 
奈良県奈良市大安寺3−9−11/駐車場4台完備

診療時間
9:30~12:30 × ×
14:00~19:00 × ×

△:13:30~16:00

12月27日より1月3日まで休診とさせていただきます。

 

ご予約・お問合せはこちら

0742-61-1000

ドックスベストセメント

ドックスベストセメントとは

ドックスベストセメント(Doc'sBestCements)とは、アメリカで開発された、今までの虫歯菌を削って治すという発想とは全く違う、"虫歯菌を削らないでミネラルで殺菌する"  という画期的な治療法です。

ドックスベストセメントは、アメリカ最大の歯科関連団体であるADA(アメリカ歯科医師会)において安全な薬剤として許可を受け、アメリカでは一般的に用いられている製品です。

初期の虫歯

削る量が少ないので、そのまま詰め物をします。

ドックスベストセメントを使用する必要はありません。

少し進んだ虫歯

通常なら、虫歯の部分をすべて取るため大きく歯を削ります。

ドックスベストセメントを使用することで、虫歯菌の部分をほとんど削り取る必要性はないので、大事な歯を、極力削らないですませることができます。

また、神経の上の自分の歯をほとんど削らないので、歯がしみにくいというメリットがあります。

神経まで達する深い虫歯の場合

⇒通常の治療では・・

歯の中にある神経をすべて取って、取った後の部分に神経の代わりになるゴムの詰め物をします。

まさき歯科医院では通常の治療においても、細心の注意を払ってしっかりと治療していきます。(保険治療となります。)

⇒ドックスベストセメントでは・・

虫歯菌の感染部分を全部取ってしまうと神経が出てしまいますので、神経まで達している虫歯の部分を除去しないで、ミネラルで虫歯を殺菌します。

虫歯菌を殺す特殊なドックスベストセメントを使用します。

【ご注意】残念ながら、このドックスベストセメントは、まだ保険治療でできる方法として認められていません。現在この方法は自費治療となります。また、上に被せる冠や詰め物も自費扱いとなります。

ドックスベストセメントのメリット デメリット

ドックスベストセメントのメリット

  • 神経に達していない中等度の虫歯の場合でも、虫歯菌を削り取らないので、大切な歯を削る量が非常に少なくて済む
  • 特に治療の協力が得られにくいお子様の虫歯には最適な治療方法
  • 歯科恐怖症で、麻酔も削られるのもダメな方のも最適な治療方法
  • 治療回数が少ない。通常2~3回
  • 一つ軽い治療になるので、一般に歯の寿命が延びる

(万一、治療後痛みが生じた時には、その時に通常の神経を取る治療ができる。)

  • 薬ではないので、お薬にアレルギーのある方にも安心して使用できる
  • ドックスベストセメントをいれた部分は、永続的な殺菌効果が期待できる

ドックスベストセメントのデメリット

  • 日本では、まだ保険治療として認可されていないので、自費治療となります。
  • また虫歯菌に罹患している部位や量、状態等によって、この治療が出来ないケースもあります。例)ズキズキと痛みがある場合など…
  • 歯の中の虫歯菌は治療できますが、虫歯にならない歯にする訳ではありません。
  • 通常の適切な歯みがきを怠ると、治療部分は治っていても、違う箇所から新たな虫歯が発生します。
  • 治療後も定期的な歯科検診は、欠かすことが出来ません。

現在は虫歯の部分を削ってよければ、神経を残せる可能性が高くアメリカの歯内療法の専門医で、圧倒的に支持されているMTAセメントを用いた治療をお勧めしています。

ドックスベストセメントの費用

現在ドックスベストセメントによる治療は自費治療となっております。

【治療にかかる費用】

虫歯菌の部分処置 10,000円(税別)

虫歯部分の処置後、冠を入れたり詰め物をしたりする場合、自費治療となります。この場合の費用もご考慮いただく必要がございます。